どこでも参上2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の雲が赤く燃える!魚津市の「海の駅」の1日は長く、また終わらない・・・。

<<   作成日時 : 2017/05/07 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月1日、夕日が綺麗だったので、魚津市の「海の駅」に立ち寄った。
画像


午前中は雨の日。

午後からは日が射してきた。

それで空気が洗い流されたのか、直視出来ないほどの太陽の眩しさ。
画像


空気はスッキリしても、雲は完全には取れてはいない。
画像


夕日が海の駅に降り注ぐ。
画像


あれ?蜃気楼が出ていなかったにもかかわらず、蜃気楼に良く来られる方々が終結。

海の駅のバス停付近に集まり、カメラで夕日の撮影をされていた!

私もその撮影会に参加!
画像


バス停横の「あづまや」にて。
画像


この夕日に心を動かされるのは、自然の成り行きのように思えた。
画像


ここで夕日を撮影されている方々のほとんどが、蜃気楼を見に、県外から来られ、ここで寝泊まりされる。

海の駅には「宿泊施設」は無い。
画像


皆さんは車の中で寝泊まり。つまりはキャンピング仕様の車で来られている。

そんな車を持っておられるのは、蜃気楼の為だけではないのだろうが、毎年、蜃気楼を見る為にここにやって来られる。


蜃気楼が出ても出なくても、夕日がその気持ちを癒してくれる。
画像


多くの観光地では夕刻になれば、観光客は帰り、閑散となる。

ここではそのお泊り客の一日は続いている訳である。
画像

画像



私は県外にそこまで惹かれるものが無いということと、仕事のこともあって、多分そのバイタリティーは無い。
画像


魚津にはそこまで人を惹きつけるもの、惹きつける環境、自然があるという事なのであろう。

これは素晴らしいことだと思われる。


「海の駅」には夜の営業はない。

ただ、飲料用の自動販売機あり、「トイレ」あり、コンビニは近くにあり。

風呂は・・・、満天の湯と金太郎温泉がある。(ちょっと遠いけど・・・。)

キャンピングカーは無くても、ホテルなどの宿泊施設は魚津駅前にそこそこある。(お金は掛かるけれど・・。)

そういったことで、「海の駅」の一日は長く、終わることが無い・・・。


さて、日が傾くにつれ、山方向が赤くなってきた!
画像


僧ヶ岳は・・・、雲に隠れるが、山の雲は赤い。
画像


僧ヶ岳方面の雲も赤く、山が燃えているように見えた!
画像



雲が無かったら、どれだけ山が赤くなっていたか・・・・、残念・・。
画像


1年に何度、山が赤くなるのか・・・?そういったことで、山が赤くなるのは大変貴重な出来事と言うのが分かる。
画像


山も海も見える魚津市。
画像


私が生まれ育った町では無いけれど、今ここで住めることのありがたさを常に感じている。
画像


富山情報をクリックしていただければありがたいです。応援のほどよろしくお願いします。
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

人気ブログランキング
山の雲が赤く燃える!魚津市の「海の駅」の1日は長く、また終わらない・・・。 どこでも参上2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる