どこでも参上2017

アクセスカウンタ

zoom RSS 「パンダ石」とは?立山黒部ジオパークの大きな見どころ!

<<   作成日時 : 2017/08/10 10:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年7月28日、黒部川の河口にやって来た。
画像


先日、「しんきろう見させ隊」の方に「パンダ石」たるものを教えていただいた。

なんじゃそれ?

で、その何日か後、もう一人の見させ隊の方に、本物を見せてもらった。

これは面白い。黒部川流域のみに見られるという。


いつか見に行こう!

という事でやって来た。初めての「黒部川河口」。入善側。
画像


魚津の川の河口には何度も行っているのに、ここは初めて・・・・。
画像


さすが黒部川、河口がでかい!
画像



ちょっと河口を歩いてみると、直ぐに!
画像


これかぁ!いや、こんなに簡単に見つかるんだ・・・。
画像


その先まで行ってみる。
画像


あるわあるわ・・・。私自身色んな石を見て来たが、これは初めて見た石。
画像



河口まで来た。対岸まで遠いこと・・・・。
画像


中州もある。
画像


長さ約500mの「下黒部橋」が見える。
画像


川の河口中央の中州に、カモメ(ウミネコ)が群れている。
画像


富山湾に流れ込む。
画像


来た方向へ引き返すときも、やっぱりある!
画像


ヒスイは無いとは思われるが・・・。
画像


これもか・・・。
画像

画像

画像



河口の縁石を見ても!
画像

画像


ここにある石を並べたという事だろう。
画像

画像



世界一新しい石(80万年前)の「パンダ石」(黒部川花崗岩)ということ。
画像


北アルプス誕生と深いかかわりを持っているこの「パンダ石」。
画像




立山黒部ジオパーク

富山県東部(富山市〜朝日町)と富山湾を含む「立山黒部」は、3,000m級の北アルプスと、そこから流れ出る急流河川が作った広大な扇状地をもち、その先には深さ1,000mを越える富山湾が広がっている。

わずか数十キロの間に4,000mもの高低差をもつ地域は珍しく、その大地には過去38億年の歴史が刻まれている。

ということ。


どうなんだろう?ここだけの石なら、ヒスイほどでではないにしても、もっとアピールしてもいいんじゃなかろうか?


黒部・入善は良く行くものの、さすがにここは初めてだった・・・。
画像


河口のすぐ横が「入善漁港」。
画像


これは何ぞや?
画像



ここの広い土地には、建設資材並ぶ。
画像




富山情報をクリックしていただければありがたいです。応援のほどよろしくお願いします。
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

人気ブログランキング
「パンダ石」とは?立山黒部ジオパークの大きな見どころ! どこでも参上2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる